ニュースまとめ(11/20~11/26)

Tech Note編集部が、直近の製造・建設ニュースからピックアップしてお届けします!

規格の制定・改正:2件

経産省、日本工業規格(JIS)を制定・改正。
ガス用ゴムホースの安全性向上に関する改正など16件(2017/11/20)
出典:経産省ウェブサイト

国際的な車両認証制度(IWVTA)が成立。
自動車認証が装置単位から車両単位へ発展、輸出競争力を強化(2017/11/21)
出典:国交省ウェブサイト

自動車:4件

タカタ、米KSS社に硝酸アンモニウム事業以外の全事業と資産を譲渡。
譲渡額は約1,750億円、硝酸アンモニウム事業は最終的に清算予定(2017/11/21)
出典:企業ウェブサイト

日立オートモティブ、中国広東省に電動車両用モータの新会社を設立。
出資はホンダとの合弁会社が行い、2020年度の量産開始を目指す(2017/11/20)
出典:企業ウェブサイト

ニッパツ、ハンガリーに自動車用ばね生産の新工場を建設。
投資額は約49億円、2019年11月に稼働開始予定(2017/11/24)
出典:企業ウェブサイト

アイシン精機、愛知県のブレーキおよび電子デバイス工場を拡張。
投資額は約220億円、2019年1月に竣工予定(2017/11/24)
出典:企業ウェブサイト

ロボット:1件

神戸製鋼、三菱重工子会社の小型溶接ロボット事業を吸収。
自動溶接の適用範囲を拡大し、事業を強化(2017/11/21)
出典:企業ウェブサイト

精密機器:1件

ニッパツ、長野県に半導体製造装置部品の新工場を建設。
投資額は約84億円、2019年4月に稼働開始予定(2017/11/24)
出典:企業ウェブサイト

化学:1件

天馬、ベトナムに2輪車向け樹脂部品の新工場を建設。
投資額は約25億円、2018 年10 月完工予定(2017/11/10)
出典:企業ウェブサイト

番外編:国交省、マンホールカード第6弾の配布を発表(2017/11/24)

国土交通省は、12月9日よりマンホールカード第6弾の配布を開始すると発表しました。マンホールカードは、下水道広報プラットホームが企画・監修するマンホールふたのコレクションアイテムです。現在までに227種194自治体で発行が行われ、第6弾は66種64自治体で発行が行われます。特に、鹿児島県で初の発行が行われ、全ての都道府県でマンホールカードが発行されることとなります。

マンホールカードは指定された場所に行くことで、1人1枚まで無料で入手することができます。配布場所は下水道広報プラットホームのウェブサイトで確認することができます。自治体ごとの特色を生かしたデザインが施されたマンホールふたは、見るだけで楽しくなってしまいます。この機会にマンホールカードを集めてみてはいかがでしょうか?
出典:国交省ウェブサイト 下水道広報プラットホーム