ニュースまとめ(7/31~8/6)

Tech Note編集部が、直近の製造・建設ニュースからピックアップしてお届けします!

国内景気・統計:2件

経産省、製造工業生産予測指数を発表。
7月は前月比0.8%上昇、8月は同3.6%上昇の見込み(2017/07/31)
出典:経産省ウェブサイト

国交省、6月の建設工事受注動態統計調査の結果を発表。
受注総額1兆3,289億円、前年同月比2.3%増で3カ月ぶりの増加(2017/07/31)
出典:国交省ウェブサイト

補助金・支援:4件

東京都、サイバーセキュリティ対策促進助成金の募集を開始。
対象は都内中小企業で上限1,500万円、9/29締め切り(2017/07/31)
出典:東京都ウェブサイト

国交省、平成29年度サステナブル建築物等先導事業の提案を募集。
対象は地域の気候風土に応じた木造建築事業、11/15最終締め切り(2017/08/01)
出典:国交省ウェブサイト

中小企業庁、平成29年度中小企業技術革新制度の
対象事業を96件公表(2017/07/27)
出典:中小企業庁ウェブサイト

トヨタ・モビリティ基金、水素社会研究の助成を開始。
対象は国内の学術機関・公的研究機関所属者、上限1,000万円(2017/07/31)
出典:企業ウェブサイト

自動車:1件

トヨタ自動車、米国の先進安全技術研究センター(CSRC)にて、
自動運転とコネクティッドカー向け技術研究を開始(2017/08/02)
出典:企業ウェブサイト 

精密機器:1件

ディスコ、長野県で2018年4月に半導体製造装置の新工場を開設予定。
マニュアルダイサの生産能力を約1.5倍に増加(2017/07/31)
出典:企業ウェブサイト

建設:1件

国交省、第2回先進的まちづくりシティコンペの募集を開始。
対象は都市課題の解消などを目指す地方公共団体ほか、10/6まで(2017/08/01)
出典:国交省ウェブサイト

金属:1件

東洋製罐、非飲料用プラスチック容器の新会社を設立(2017/07/31)
出典:企業ウェブサイト

番外編:夏休みの宿題にもぴったり!子ども向け実験教室&ワークショップ

1:BASFジャパン、オンラインで実験教室の教育プログラムを提供
BASFジャパンは、8/1よりバーチャル実験教室の日本語での提供を開始しました。本プログラムは、BASFが世界中で実施している子ども実験教室のオンライン拡張版。シンプルで安全な実験を通じて、6~12歳の子どもたちに化学の魅力を知ってもらう教育プログラムです。取り上げるテーマは、食物に含まれる栄養素や酵素の分解、水の浄化、洗濯で使う洗剤成分の作用についての3種類の実験で、日本語で体験できます。化学実験を通じて、子どもたちに理科の楽しさを伝えるよい機会になりそうです。
出典:企業サイト

2:BMW、子ども向けワークショップで自動運転技術を伝授
BMWは、子ども向けワークショップの自動運転で動く車のしくみ(日本科学未来館および全国科学館連携協議会の共催)に協賛することを発表しました。本ワークショップは自動運転に必要な、カーブを曲がる・信号を見る・駐車するなどの動作をプログラミングし、実際に動かす体験を実施。論理的に物事を考える力の育成と、自動運転技術と共に暮らす未来を、子どもたちと共に考えていきます。8/27に日本科学未来館で行われるキックオフイベントを皮切りに、2018年3月まで全国8カ所の科学館などで順次開催。自動運転技術を子どもと一緒に体感できるイベントに、参加してみてはいかがでしょうか?
出典:企業サイト