ニュースまとめ(3/27~4/2)

Tech Note編集部が、直近の製造・建設ニュースからピックアップしてお届けします!

国内景気・統計:1件

経済産業省、2016年度の情報通信業の売上高を発表。
48兆504億円で、前年度比3.3%増(2017/3/28)
出典:経済産業省

自動車:1件

デンソー、岩手県に自動車メーターの新工場を建設。
投資額は約100億円で、2019年5月より生産開始(2017/3/29)
出典:ニュース

建材:1件

オカモト、茨城県に壁紙工場を新設。
投資額は約40億円で、2018年3月に稼働開始(2017/3/27)
出典:ニュース

医療品・医療機器:1件

ニプロ、ジェネリック医薬品製造販売の田辺製薬販売を買収(2017/3/28)
出典:News Release

化学:2件

旭化成、滋賀県のリチウムイオン二次電池用セパレータ生産設備を増強。
投資額は150億円で、2019年度上期に商業運転開始 (2017/3/30)
出典:プレスリリース

日本触媒、反応性モノマーのジエチルメチレンマロネート製造販売の
米化学ベンチャー、シラスを買収(2017/3/28)
出典:最新情報

航空機:1件

経済産業省、航空機産業のサプライヤー向けに
生産管理・品質保証ガイドブックを作成(2017/3/28)
出典:ニュースリリース

インフラ:1件

コムシスHD、都市ガスのインフラ施工のカンドーを完全子会社化。
2017年7月1日に完了予定(2017/3/23)
出典:ニュースリリース

IoT:1件

パナソニック、工場向けソフトウェアのSIer、
DATA COLLECTION SYSTEMSを買収(2017/3/24)
出典:ニュースリリース

番外編:人工知能で業務量はどう変わる?アンケート調査を実施

エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、20~59歳の公務員・会社員1万145人を対象に、残業に関するアンケート調査が行いました。

残業が多い業種は教育、漁業、複合サービスでした。少ない業種は、医療・福祉、鉱業、公務、電気・ガスでした。残業が多い職種は、教育・保育関連職、農林水産関連職、経営者・会社役員でした。少ない職種は、事務職、医療・福祉・介護関連職、総務・人事・経理職でした。

また、エンジニアの方々に人口知能の導入で業務量はどう変わるかアンケートしました。最も多かったのは、1~2割減るという意見でした。自由形式の回答には、書類作成や無人化、ルーチンワークの代替などを期待するなどの意見がありました。一方、想像力が求められる仕事が人工知能には向かないことや、人工知能の仕事のチェックが必要なことから、代替可能な仕事は一部に留まると予想しています。

20170403

出典:PR TIMES