ニュースまとめ(2/6~2/12)

Tech Note編集部が、直近の製造・建設ニュースからピックアップしてお届けします!

[:contents]

国内景気・統計:1件

日本工作機械工業会、2017年1月分の受注統計(速報)を発表。
総額は1,037億5,300万円で、前年同月比103.5%(2017/2/9)
出典:日本工作機械工業会

自動車:2件

トヨタとスズキ、業務提携に向けた覚書を締結。
環境技術や情報技術などで、連携を検討(2017/2/6)
出典:グローバルニュースルーム

ホンダと日立オートモーティブ、電動車両用モータの合弁会社設立へ 。
2017年7月設立(2017/2/7)
出典:ニュースリリース

電機・電子:2件

コニカミノルタとパイオニア、有機EL照明の合弁会社設立。
資本金は4.9億円、出資比率は50:50(2017/1/31)
出典:報道資料

TDK 、Qualcommと高周波事業の合弁会社を設立(2017/2/3)
出典:ニュースリリース

機械:1件

豊田自動織機、北米の物流事業強化のため、Bastian社を買収。
投資額は約290億円(2017/2/3)
出典:ニュースリリース

化学:1件

日本ペイントHD、チェコ共和国で自動車用塗料の新会社設立。
工場の稼働予定は2019年1月(2017/2/7)
出典:ニュースリリース

インフラ:1件

オリックス、米国の配管の保守管理を行う。
Haffman Southwest社を買収(2017/2/7)
出典:ニュースリリース

番外編:ホワイトが世界で一番人気!2016年版自動車人気色調査報告書を公開

大手グローバルペイントサプライヤーのアクサルタコーティングシステムズが、2016年版自動車人気色調査報告書を発表しました。この報告書には、ホワイトの抜群の人気が世界中で持続していることが確認されている一方で、豊かな色使いが伝統的な無彩色を活気づけており、有彩色がかつての人気を取り戻す気配がうかがえます。

世界全般: ホワイトが第1位の座を守りました。10台当たり約4台の塗色がホワイトです。
アフリカ:明るい色の人気が世界で最も高く、シルバーとホワイトで63%を占めています。
アジア: 中国では、半数以上がホワイトです。ホワイトソリッドの人気は、ホワイトパールを39%以上 引き離しています。日本では、逆にホワイトパールの人気(27%)がホワイトソリッド(7%)を上回っています。
ヨーロッパ:グレーのシェアが最も高い地域となりました。ブラックの人気は下降しており、第1位のホワイトとの差が7%に広がりました。
北米:グレーは2%上昇し、シルバーに対するリードを広げました。
ロシア:ベージュ/ブラウンは、中国と同様8%を獲得しました。この地域の特徴です。
南米:グリーンは5%で、グリーンの人気が最も高いロシアと同じ傾向です。

出典:PR TIMES