ニュースまとめ(1/23~1/29)

Tech Note編集部が、直近の製造・建設ニュースからピックアップしてお届けします!

[:contents]

国内景気・統計:3件

経済産業省、2016年11月の、特定サービス産業動態統計速報を発表。
エンジニアリング業の売上高は、前年同月比33.0%増の約5,200億円(2017/1/20)
出典:経済産業省

JEITA、2016年11月の産業用電子機器受注統計を発表。
無線通信機器は、前年同月比22.1%増の906億7,300万円(2017/1/20)
出典: 一般社団法人電子情報技術産業協会

JEITA、2016年11月の電子工業生産実績を発表。
前年同月比0.3%増の約1兆24億円(2017/1/20)
出典:一般社団法人電子情報技術産業協会

規格の制定・改正:1件

経済産業省、日本工業規格(JIS)を制定・改正。
風力発電システムの設計など、13件の制定および33件の改正(2017/1/20)
出典:経済産業省

自動車:2件

トヨタ自動車、カナダに「MIRAI」を試験導入。
燃料電池自動車の理解促進活動に活用(2017/1/21)
出典:トヨタグローバルニュースルーム

トヨタ自動車、米国インディアナ工場で新規投資を決定。
投資金額は5年で約1兆2,000億円。新規雇用も400名(2017/01/25)
出典:トヨタグローバルニュースルーム

電機・電子:1件

シャープ、中国の深センに家電製品の研究・開発センターを新設。
鴻海精密工業の研究・開発拠点に隣接(2017/1/20)
出典:ニュースリリース

機械:1件

クボタ、タイのコンバイン工場を拡張。
投資金額は約29.9億円、2017年10月より稼動(2017/1/23)
出典:ニュースリリース

製紙:1件

日本製紙、インド最大手の紙カップ事業会社を買収。
紙器市場の拡大を見込み、本格参入(2017/1/24)
出典:ニュースリリース

番外編:ロボット月面探査レースの最終フェーズに、日本チームが選出!

Googleと米XPRIZE財団が主催する、世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」の最終フェーズに進む5チームが発表されました。総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500キロメートル走行して、高解像度の動画や静止画データなどを地球に送信します。

この最終5チームの中には、日本から唯一参加した、株式会社ispaceが運営するチーム「HAKUTO」が選出されています。HAKUTOは、東北大学研究室やプロボノ(仕事で培った能力を提供するボランティアメンバー)など、さまざまなバックグラウンドを持った人材が集まるチームです。国からの支援を受けておらず、KDDIやJALなどが技術支援をしています。

最終目標は、このレースで培った知見を生かして月の資源開発を進めることだそうです。2017年12月末の打ち上げ予定です。結果が非常に楽しみですね!

出典:@Press