製造業ニュース(11/16~11/29)

Tech Note編集部が、直近の製造業ニュースからピックアップしてお届けします!

国内景気・統計

日本産業機械工業会、9月の受注状況を発表(2015/11/17)

news-20151130-img1

9月の受注高は4,253億1,600万円で、前年同月比67.1%となりました。
内需は、3,029億900万円で、前年同月比77.3%、
外需は、1,224億700万円で、前年同月比50.6%となりました。

出典:日本産業機械工業会

自動車

国交省、ディーゼル乗用車などへの不正ソフトの使用を禁止。
VW社の排出ガス不正問題を受け、告示を改定(2015/11/20)
出典:国土交通省

ボルボとマイクロソフト、次世代自動車を共同開発。
自動運転やコネクティッドカーで協力(2015/11/20)
出典:ニュースリリース

独コンチネンタルとシェフラーの共同購買、新たに9社を特別取引先に指定(2015/11/19)
出典:ニュースリリース

独コンチネンタルと米フォールブック、都市交通向け自動変速機の開発で協業(2015/11/19)
出典:ニュースリリース

加マグナ、中国重慶市で自動車用シートシステムを生産。
中Hongli Zhixinとの合弁会社を設立(2015/11/25)
出典:ニュースリリース

ルノー日産、新たに90基のEV充電ステーションをパリに設置。
COP21気候変動会議に向け、200台のEV利用を想定(2015/11/19)
出典:ニュースリリース

独アウディ、米ボストン市街地へ自動駐車技術を提供。
自治体と覚書を締結し、土地とコストの削減を狙う(2015/11/17)
出典:ニュースリリース

トヨタ自動車、東京・渋谷区で超小型モビリティの実証実験を開始(2015/11/20)
出典:ニュースリリース

独フォルクスワーゲン、ヴォルフスブルク工場で3Dスマートグラスを試用。
物流のピッキング作業を支援(2015/11/23)
出典:ニュースリリース

化学

独BASF、上海の研究開発拠点に9,000万ユーロ(約117億円)を投資(2015/11/9)
出典:ニュースリリース

ロボット

厚労省、ロボットスーツ「HAL」を医療機器として承認。
神経・筋疾患患者の歩行機能改善に期待(2015/11/25)
出典:厚生労働省

インフラ

政府、タイの南部経済回廊に関わる鉄道整備に協力。
日本の貨物鉄道運用ノウハウを活用(2015/11/26)
出典:国土交通省

規格の制定・改正

JIS規格、14件の制定、および30件の改正(2015/11/20)

<重要な改正>

  • 環境マネジメントシステムに関するJIS Q14001
    ISO Q14001の改訂に伴う改正
  • 品質マネジメントシステムに関するJIS Q9001
    ISO Q9001の改訂に伴う改正
  • 放射線遮断マットに関するJIS Z4819
    新素材の開発や、流通の実態を踏まえ、素材の例示が追加されました。 また、マットの構造について、繰り返し使用されても変形、破損などが生じにくく、除染しやすい構造とすることを明示しました。 これにより、放射線遮蔽マットの更なる安全性向上が期待されます。

出典:経済産業省

工場の設備投資

NTN、米国インディアナ州にドライブシャフトの製造会社を設立。
SUVやピックアップトラック向け好調、2017年4月から量産(2015/11/18)
出典:ニュースリリース

愛知製鋼、無段変速機向け熱間鍛造プレスラインを愛知県東海市に新設。
約38億円を投資。2017年1月から稼働(2015/11/16)
出典:ニュースリリース

日本ガイシ、自動車排ガス浄化用触媒担体を増産。
石川工場で年産1,300万個(2015/11/20)
出典:ニュースリリース

労働環境

厚労省、事業者向け「ストレスチェック実施プログラム」を配布。
12月1日から制度施行、50人以上の事業者に実施義務付け(2015/11/20)
出典:ニュースリリース

番外編

「酔っぱらってなくしたモノ」ランキング(2015/11/24)

オウチーノ編集部が行った20~30歳の男女1,000人へのアンケート結果です。上位は「記憶」、「財布」、「携帯電話」など定番の結果に。中には「仕事」や「恋人」をなくしたという猛者も。

news-20151130-img2

お酒の席に紛失物は付き物。その割に、何か対策をしている人は少ないみたいです。次の質問では、76.5%が特に対策をとっていないという結果に。対策している人は、荷物を1つにまとめたり、こまめに水を飲んだりしているようです。

news-20151130-img3

<Tech Note編集部より>
年を重ねるごとに、筆者は自分が飲めるお酒の量が年々減っているのを感じます。読者の皆さんも、忘年会に備えて、あらためて自分が飲めるお酒の限界を確かめておくと良いかもしれませんね!

出典:PR TIMES