曲げ加工の精度低下:プレス加工のトラブル対策動画2

20220726192543


※本動画は、字幕で解説しています。動画右下の字幕アイコンをクリックしてください。

大量生産の代表格、プレス加工。プレス加工の現場では、日常的にさまざまなトラブルが発生しています。全5回にわたり、プレス加工のトラブルの原因と対策を、動画で分かりやすく解説します。

第2回は、曲げ加工の精度低下を取り上げます。板金は、曲げた後にプレス機から外すと、曲げ角度が開いてしまいます。原因は、残留応力によるスプリングバックです。スプリングバックのメカニズムと対策を学び、曲げ加工の精度を高めましょう(再生時間:1分30秒)。

第3回では、せん断加工面の違いによる組立精度の低下について取り上げます。お楽しみに!