スマホメーカーが送り出すヘッドマウントディスプレイ「HTC Vine」~iFixit分解レポート~

AR(拡張現実)システムを利用した「ポケモンGO」の人気、そして「4DX」をはじめ映画館における体験型シアターの普及。近年、コンピュータによる新しい情報提示システムは、私たちにとってグッと身近なものになりました。そして、VR(仮想現実)業界もまた、盛り上がりを見せています。2016年は「VR元年」ともいわれ、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)だけでもPlayStation VR、米Oculus Rift CV1、台湾HTC Viveの3製品が一気に登場します。このうち後者2つはすでに市場で販売が始まっており、PlayStation VRも2016年10月に発売予定です。

HTC Vive(左からヘッドセット、ベースステーション、ワイヤレスコントローラ)  

HTC Vive(左からヘッドセット、ベースステーション、ワイヤレスコントローラ)

今回紹介する「HTC Vive」は、米Valve社が提供するPCゲームプラットホーム「Steam VR」のコンテンツを利用するため、台湾HTCとの共同開発で生まれました。PCに接続して使うHMDとしては、Oculus Rift CV1の競合製品といえるでしょう。両者は共に、立体視を生成するため「サイドバイサイド」方式を利用しています。これらを接続するPCは左右2つの映像を生成することになるため、ゲーム向けの高いスペックが要求されます。

そんな両者の相違点は、ヘッドトラッキングの手法です。基本的な仕組みとして多数の赤外光源を利用するのは同様で、発光源と受光部の位置が異なります。Oculus Rift CV1はヘッドセットに多数の発光源を設け、定点設置する赤外線カメラでそれを受光し、頭部の位置を検出します。HTC Viveにこの赤外線カメラはありません。2つのベースステーションを定点設置し、これらが発光源となります。そして、ヘッドセット側に設けた多数の受光センサーにより、頭部の位置を検出しています。両手に持つワイヤレスコントローラにも同様に受光センサーが組み込まれ、VR空間の設定やゲームのプレイに利用されます。

日本では、HTCというとスマホメーカーの印象が強く、このようなHMDを発売するのは意外と思う方も多いかもしれません。中身は一体どうなっているのでしょうか? 米国の修理情報サイトiFixitからご紹介します。

<HTC Viveの主な仕様>

  • 価格:99,800円
  • 画面解像度:2160×1200(片目あたり1080×1200)
  • パネル方式:有機EL
  • リフレッシュレート:90Hz
  • 視野角:110°
  • センサー:ジャイロ、加速度
  • ヘッドトラッキング:赤外線LED
  • 質量:550g
  • 接続:HDMI 1.4、USB 2.0、DisplayPort 1.2
  • 利用環境:Steam VR(米Valve社が運営するPCゲームプラットホーム)

フォトダイオードを配置するため、フレキシブルケーブルが張り巡らされている。

フォトダイオードを配置するため、フレキシブルケーブルが張り巡らされている。

HTC Viveを開封すると、放射状に設置された多数のフォトダイオードが目に入ります。これらの受光センサーがベースステーションからの赤外線を検知することにより、ユーザーのヘッドトラッキングが可能になります。その情報をもとに、ディスプレイには仮想世界の映像が表示されます。

画像中央にある水色のプリント基板は、シールドに覆われていました。まるでスマートフォンの内部を彷彿とさせます。搭載部品を観察するには、これを撤去する必要がありそうです。

多くの部品で構成されるHTC Vive。中央下部に2枚の有機ELディスプレイ。

多くの部品で構成されるHTC Vive。中央下部に2枚の有機ELディスプレイ。

iFixitでは、デバイスの修理難易度を1から10の数字で格付けしています。HTC Viveは部品が多く、たいへん複雑ですが、それらを壊すことなく分解が可能でした。取り外しに失敗しがちなストラップやフェイスパッドは他の部品から独立しており、容易に脱着できます。また、利用されているネジ類も標準的で、接着剤の利用はわずかでした。ただし、レンズやベースステーションのカバーそして受光センサーは、傷をつけないよう慎重に扱う必要があります。

以上から、評価は高得点の「8」に。さらに詳しい分解の様子を見たい方は、iFixitのサイト(英語)へどうぞ。搭載部品の詳細や回路基板を高解像度で見ることができます!

出典:HTC Vive - iFixit ウェブサイト
   HTC Vive - ウェブサイト