POM(ポリアセタール)とPBT(ポリブチレンテレフタレート):エンジニアリングプラスチックの基礎知識5

エンジニアリングプラスチックの基礎知識

更新日:2017年2月15日(初回投稿)
著者:安田ポリマーリサーチ研究所 所長 安田 武夫

前回は、PA(ポリアミド)の概要と用途を解説しました。今回は、汎用エンプラのPOM(ポリアセタール)とPBT(ポリブチレンテレフタレート)の概要と用途を解説します。

1. POM(ポリアセタール)

POM(ポリアセタール)は、別名をポリオキシメチレン(Polyoxymethylene)といい、主鎖にCH2O(オキシメチレン)基を含む結晶性ポリマーです。POMは、ホルムアルデヒド HCHOが原料のホモポリマーと、ホルムアルデヒドの三量体のトリオキサンと2個以上の炭素原子を含む環状エーテルを原料とするコポリマーに分類されます。1950年代後半に、米国デュポン社がPOMのホモポリマーを開発し、その直後に、同じく米国セラニーズ社がコポリマーを開発しました。POMは機械特性に優れ、摩擦・摩耗特性、耐薬品性などの物性バランスが良好です。また成形性にも優れ、これらを生かし、自動車、電気・電子、家電、OA機器、住宅関連部品などの幅広い用途分野で使用されています(表1)。

表1:POM(ポリアセタール)の用途例
分野 用途例
自動車 ワイパーモータシステムギア、パワースライドドアシステム部品、ドアハンドル、ドアロック・サイドカバー、ドアロック・アクチュエータ、ラウドスピーカーグリル、シートチェンジレバー、シフトレバー、ワイヤスロットルコンビネーションスイッチ、燃料タンクフランジ、シートチェンジレバー、フューエルポンプモジュール、エアダクトコントロールビーム
電気・電子・家電 DATデッキ、各種プレーヤー、AV機器駆動部メカ部品、CDチェンジャー/CDマガジン、スピーカーグリル、扇風機ネックピース、電子レンジ部品、洗濯槽かくはん用プロペラ、湯沸かしポット部品
OA機器 スイッチ部品、プリンタ・複写機のギア、コピー機ベアリング
住宅関連部品 カーテンフック、アルミサッシ固定板、トイレ周辺機器部品、メーター部品、ブラインド部品、ガスホースジョイント、トイレットペーパーホルダー
その他 輸送機部品(ローラ、減速機構)、空圧継手、時計部品、ポンプ部品、カメラ機能部品、モータ部品、ホイストスイッチ部品、自転車部品、ジッパー、バックル、各種歯車、ベアリング、グリップねじブラインドリベット、トルクリミッタ、ワンウェイヒンジ

POM(ポリアセタール)の用途代表例と採用理由

・フューエルポンプモジュール(自動車)

代表的なPOM(ポリアセタール)の燃料系部品です。POMを使用した自動車部品の中で最も重量が大きく、POMの優れた耐ガソリン性と機械的特性のバランスが生かされています。

・パワースライドドアシステム部品(自動車)

機能部品の統合によるコンパクト設計が特長のシステムです。ドアの小さな軽自動車でも窓の開閉量など、ドアの基本機能を維持したまま、パワースライドに必要な全てのユニットをドア内に搭載しました。POM(ポリアセタール)の高強度、しゅう動性、耐疲労性などが生かされています。

・複写機の駆動歯車(OA機器)

紙送り用など各種ローラの動力伝達や、機構の駆動用に多くの歯車が使用されています。POM(ポリアセタール)の優れた摩擦・摩耗性、耐久性などが生かされています。

・コピー機用ベアリング(OA機器)

コピー機など産業機器には、多くの回転部品が搭載されています。それらの機器をスムーズに作動させるために、ベアリングは欠かせない部品です。POM(ポリアセタール)の良好なしゅう動性や機械的強度が生かされています。

・トルクリミッタ(機械)

設定トルク以下で回転を伝達し、設定トルク以上で回転を遮断する部品です。スリッピングクラッチとも呼ばれ、POM(ポリアセタール)が使用されています。金融機器の紙幣取り出し口シャッター部や、紙幣整列帯テンション、OA機器の用紙の分離、自動券売機の券の分離などに使われています。

日本のPOM(ポリアセタール)の供給メーカー

日本のPOM(ポリアセタール)供給メーカーは、ポリプラスチックス、旭化成ケミカルズ、三菱エンジニアリングプラスチックス、デュポン、ビーエーエスエフジャパンの5社です。

2. PBT(ポリブチレンテレフタレート)

PBT(ポリブチレンテレフタレート)は、テレフタル酸(TPA:Terephthalic Acid)またはジメチルテレフタレート(DMT:Dimethyl Terephthalate)と1,4-ジブチレングリコール(1,4-BG)を原料とした、エステル基(RCOO)を含む結晶性ポリマーです。1970年に米国セラニーズ社が開発しました。

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。