表面処理

溶融めっきと溶射:金属表面処理の基礎知識8

最終回の今回は、溶かした金属中に処理物を浸せきする溶融めっきと、溶融もしくは半溶融材料を処理物に吹き付ける溶射について解説します。溶融を利用した表面処理法には多くの種類があり、主な利用目的は、耐食性、耐摩耗性および耐熱性の向上です。鉄鋼業…

硬質膜の種類と特性:金属表面処理の基礎知識7

今回は、硬質膜の開発動向および特性を解説します。硬質膜に対して最も期待されている適用目的は、耐摩耗性および摺動特性の向上です。切削工具をはじめ機械部品や自動車部品に適用されています。また、耐食性や耐熱性、耐反応性の向上も期待できるため、使…

PVDとCVD:金属表面処理の基礎知識6

今回からは、乾式表面処理を解説します。今回取り上げるのは、真空や熱を利用したドライコーティング技術、PVD(物理蒸着:Physical Vapor Deposition)およびCVD(化学蒸着:Chemical Vapor Deposition)の、主に機械部品や工具類を対象とした硬質膜の生成技…

化成処理と陽極酸化:金属表面処理の基礎知識5

今回は、基材と薬品との化学反応を利用する化成処理と、電解反応を利用する陽極酸化について解説します。

化学めっき:金属表面処理の基礎知識4

今回は、電気を使用しない化学めっきを取り上げ、その成膜原理やニッケルNi-リンPめっきについて解説します。

電気めっき:金属表面処理の基礎知識3

今回から、さまざまな金属表面処理の各論に入ります。今回は、表面処理の中でも身近な物によく利用されている電気めっきを解説します。

金属の腐食と防錆(せい)・防食法:金属表面処理の基礎知識2

今回は、金属の腐食現象と、金属表面処理の最も重要な利用目的である防錆(せい)・防食法を取り上げ、解説します。

表面処理の種類と選定方法:金属表面処理の基礎知識1

今回から8回にわたり、金属製品を対象にした表面処理の連載を始めます。主に防錆(せい)・防食や耐摩耗性付与を目的とした表面処理を取り上げていきます。