機械安全

労働安全衛生法と安全配慮義務:機械安全の基礎知識7

最終回となる今回は、労働安全衛生法と安全配慮義務を解説します。働く一人一人が、家族などにとって、かけがえのない唯一の存在です。「一人ひとりカケガエノナイヒト」というスローガンを肝に銘じ、事故や災害を防ぐための努力を継続していかなければなり…

労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS):機械安全の基礎知識6

今回は、職場の安全衛生管理を、自主的かつ継続的に行うための労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS:Occupational Safety and Health Management System)を紹介します。

訓練による残留リスクの低減:機械安全の基礎知識5

今回は、訓練によるリスク低減方策を解説します。国際安全規格ISO 12100は、訓練に必要な時間など、具体的な内容に言及していません。作業現場には多くの危険があります。安全な(受け入れ不可能なリスクがない)状態を維持するには、最悪の危険を想定しつつ…

教育による残留リスクの低減:機械安全の基礎知識4

災害発生の根本的な原因を見ると、多くの場合、設備の不安全状態と、人間の不安全行動が関係しています。安全構築には、人に対する安全教育が重要です。今回は、安全教育の観点から、リスク低減方策を解説します。

保護具による残留リスクの低減:機械安全の基礎知識3

今回から3回にわたり、使用段階におけるリスク低減方策を取り上げます。今回は、主な保護具について解説します。代表的な保護具は、足のけがを防ぐ安全靴や、落下物から頭を保護するヘルメット、目を守る保護めがねです。また、安全帯は重大災害の防止に欠か…

機械安全のリスク低減:機械安全の基礎知識2

リスクアセスメントの結果、許容できないリスクがある場合は、リスクを低減させるための施策を打ちます。今回は、国際安全規格で定義されているリスク低減方策を解説します。

機械安全のリスクアセスメント:機械安全の基礎知識1

私たちの身の回りには機械や設備が数多くあり、生活を快適にしたり、業務を効率的にしています。しかし、機械は大きな動力を扱うことも多く、危険とも隣り合わせ。全7回で、技術者が押さえておきたい機械安全の基礎知識を解説します。第1回は、機械安全にお…