木材

木材の流通と環境問題:木材の基礎知識8

今回は、日本国内における木材流通の仕組みと、それを踏まえた木材の賢い調達方法、木材と環境問題の関わりについて解説します。今後、重要度が高まる合法木材の各種認証についても、学んでいきましょう。

木材の弱点を補う処理方法:木材の基礎知識7

今回は、防腐処理、不燃処理、塗装、カビ対策など、木材の弱点を補う処理方法について解説します。現在は技術の進歩により、耐久性や耐火性を高めた木材の採用が、着々と広がっています。

木質建材の種類と特徴:木材の基礎知識6

今回は、製材品以外の木質材料である合板、LVL、集成材、CLTについて解説します。これらの材料は、無垢(むく)の製材品では難しい大きさの部材の製造を可能にするほか、高い強度や寸法安定性によって、木材を利用した建築の可能性を大きく広げています。各…

木材の乾燥:木材の基礎知識5

今回は、木材の品質管理上の重要なポイントになる乾燥について解説します。天然乾燥と人工乾燥による仕上がりの違い、JASによる製材の含水率の規格などを学びましょう。

製材の方法と規格:木材の基礎知識4

今回は、木材の最も基本的な利用形態である製材品を取り上げます。製材機械の種類、製材の方法、JAS規格、副産物の利用方法などを見ていきましょう。

木材の強度・耐熱性・耐久性:木材の基礎知識3

今回は、木材の強度や断熱性、耐久性に関する特徴を解説します。いずれも材料として非常に重要な特性なので、より良い木材の利用につながる知識を身に付けましょう。

木材の特徴:木材の基礎知識2

木材は生物材料・自然素材であり、さまざまな優れた特性があります。今回は、その中でも加工特性(加工性・割裂性の高さ、木材のめり込み特性を生かした接合方法)と、環境負荷が小さいエコマテリアルとしての素材特性を解説します。

木材の種類と用途:木材の基礎知識1

連載第1回となる今回は、木材の種類や用途、さらに日本国内の需給動向について解説します。1960年代には、80%を超えていた木材の自給率。その後の経済発展による需要急増で、国産材の供給量が追い付かなくなり、外材の輸入が急速に進みました。2002年には過…