地震リスクマネジメント

地震のリスクファイナンス:地震リスクマネジメントの基礎知識8

今回は、地震のリスクファイナンス手法について解説します。「リスクファイナンス」という言葉は、リスクによる被害への財務的な対応を総称したものです。リスクファイナンスで代表的なものは保険です。また、最近では保険以外のリスクファイナンスとして、…

地震のリスクコントロール:地震リスクマネジメントの基礎知識7

リスクの処理は「リスクコントロール」と「リスクファイナンス」に分けられます。リスクは「発生確率(P)×影響度(C)」で表すことができます。しかし、地震の発生頻度や確率はコントロールできないため、その影響をいかに小さくするかが、地震のリスク処理…

地震リスクの定量化:地震リスクマネジメントの基礎知識6

地震リスクマネジメントでは、施設の物理的損害、機能停止に伴う間接的損害、第三者への波及的損害などのリスクを総合的に定量評価します。この定量評価により、効果的な対策への意思決定ができます。今回は、対象地点における施設の地震被害予測方法を解説…

地震ハザード評価:地震リスクマネジメントの基礎知識5

地震リスクマネジメントの最初のステップは、対象地点の地震危険(地震ハザード)を評価することです。日本では、多くの人が地震を経験しています。しかし、被害を伴う大地震を経験した人は多くありません。これは、地震が広域災害であっても一定地域で発生…

日本の地震危険度:地震リスクマネジメントの基礎知識4

今回は、過去に日本で発生した地震被害と今後の地震の危険度を解説します。日本列島は地球上で4つのプレートがせめぎ合う特殊な場所にあります。国土面積は世界の地表面積の0.25%にすぎませんが、全世界のマグニチュード(以下M)6.0以上の地震の約20%は日本…

リスクマネジメントの方法:地震リスクマネジメントの基礎知識3

今回は、リスクマネジメントの方法を紹介します。リスクマネジメントとは、リスクを全て把握し、重要なリスクについて対応策を講じることです。リスクを確率と影響度で可視化するだけでは、リスクは管理できません。洗い出されたリスクに対して、その対応を…

リスクの定量化と確率:地震リスクマネジメントの基礎知識2

工学的にリスクを取り扱う場合、リスクを定量化して、対応策を考える必要があります。今回は、リスクの定量化に必要な確率とリスクの考え方を説明します。リスクマネジメントでは、リスクが発生しないところから、リスクが発生するところまでの間でマネジメ…

自然災害リスクとは?:地震リスクマネジメントの基礎知識1

ひとたび大地震が発生すると、建築物や工場・設備の被害だけでなく、人的被害や長期の操業停止など、企業活動に深刻な影響を与えます。そのため、企業はどの程度の地震に備え、どのような対策を取るかの意思決定をする必要があります。本連載では、8回にわた…