インタビュー

若手が挑戦できる風土づくり:日野自動車株式会社・田中明夫氏【現代の名工インタビュー3後編】

現代の名工は、厚生労働省が「極めて優れた技能を有し、他の技能者の模範と認められた技術者」を表彰する制度です。日野自動車株式会社の田中明夫氏は、自動車の試験用部品作成における打ち出し板金・溶接技術で、2016年に現代の名工に表彰されました。後編…

自動車の安全を支える板金加工:日野自動車株式会社・田中明夫氏【現代の名工インタビュー3前編】

現代の名工は、厚生労働省が「極めて優れた技能を有し、他の技能者の模範と認められた技術者」を表彰する制度です。日野自動車株式会社の田中明夫氏は、自動車の試験用部品作成における打ち出し板金・溶接技術で、2016年に現代の名工に表彰されました。前編…

名工の後進育成法:日立情報通信マニュファクチャリング・利元正秀氏【現代の名工インタビュー2後編】

株式会社日立情報通信マニュファクチャリングの利元(りもと)正秀氏は、ケーブルを損傷しない組立技能と後進の育成活動で、2016年に現代の名工に表彰されました。インタビュー後編となる今回は、後進の育成方法について伺いました。

転属経験で磨かれた技能:日立情報通信マニュファクチャリング・利元正秀氏【現代の名工インタビュー2前編】

現代の名工は、厚生労働省が「極めて優れた技能を有し、他の技能者の模範と認められた技術者」を表彰する制度です。株式会社日立情報通信マニュファクチャリングの利元(りもと)正秀氏は、ケーブルを損傷しない組立技能と後進の育成活動で、2016年に現代の…

名工が準備した若手教育ツールとは?:NECスペーステクノロジー・斎藤克摩氏【現代の名工インタビュー1後編】

厚生労働省が「極めて優れた技能を有し、他の技能者の模範と認められた技術者」を表彰する現代の名工。NECスペーステクノロジー株式会社の斎藤克摩氏は、人工衛星部品の製造におけるはんだ付けの技術で、2014年に現代の名工に表彰されました。斎藤氏が技術を…

人工衛星を支えるはんだ付け:NECスペーステクノロジー・斎藤克摩氏【現代の名工インタビュー1前編】

現代の名工は、厚生労働省が「極めて優れた技能を有し、他の技能者の模範と認められた技術者」を表彰する制度です。NECスペーステクノロジー株式会社の斎藤克摩氏は、人工衛星部品の製造におけるはんだ付けの技術で、2014年に現代の名工に表彰されました。斎…

股をのぞくと世界が変わる!?:立命館大・東山 篤規氏【イグノーベル賞インタビュー Laugh and Think 第7回】

「人々を笑わせ、考えさせてくれた業績」に贈られるイグノーベル賞(Awards makes people Laugh and then Think)。今回は、2016年に「光学的・身体的変換視野の効果(股のぞき効果)」で知覚賞を受賞した、立命館大学 文学博士の東山 篤規氏にお話を伺いま…

累計340万台も売れた!「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の秘密

ネスレといえば、皆さんが思い浮かべるのは、コーヒーでしょう。最近では、その枠を超えてコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を発売。消費者がモノを買い控える中、累計340万台も売れました。今回は、その秘密とバリスタの新製品「ネス…

オシロスコープは1人1台?高専は未来のエンジニアの宝庫!東京高専水戸研究室【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.11】

IoTデバイスを開発している国立東京工業高等専門学校(東京都八王子市)の水戸研究室。学生主体で、さまざまなIoTデバイスを開発しています。その経緯や、高専生のエンジニアとしての能力と可能性について伺ってきました。

ハトが寄り付かない銅像!?日常の発見が研究に活きる:廣瀬 幸雄氏【イグノーベル賞インタビュー Laugh and Think 第6回】

「人々を笑わせ考えさせてくれた業績」に贈られるイグノーベル賞(Awards makes people Laugh and then Think)。今回は、2003年に「ハトに嫌われた銅像の化学的考察」で化学賞を受賞し、鳥を寄せ付けない合金を発明した金沢大学 名誉教授の廣瀬 幸雄氏にお…

目指すは3Dプリンターの半導体版!?ミニマルファブ ・プロジェクトリーダー原 史朗氏インタビュー

半導体は、何千億円もの投資で巨大工場を作り、空気がキレイなクリーンルームで生産する。そんな現在の概念を覆す新しい半導体生産システム「ミニマルファブ」が、ミニマルファブ技術研究組合により開発されています。まさに、3次元プリンターの半導体版のよ…

製造業がクラウドファンディングを使うコツ~Makuakeインタビュー2~

モノづくりに強いクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」を運営する、株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングの代表取締役社長 中山 亮太郎氏に、クラウドファンディングで売れるモノとは何か、日本のモノづくりはこれからどうなって…

成功事例も続々!クラウドファンディングが変える製造業の当たり前~Makuakeインタビュー1~

モノづくりに強いクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」を運営する、株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングの代表取締役社長 中山 亮太郎氏に、クラウドファンディングを使った製造業の事例や活用のポイントを伺いました。

波乱万丈?EV設計スキルを武器に世界を渡り歩く!ミニモ 江本氏【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.10】

自動車デザイン、工業デザイン開発の株式会社ミニモ 代表取締役の江本 聞夫氏。スズキ自動車→イタリアの自動車デザイン工房→慶應大学→中国の研究所→家業を継ぐ→たたむ→起業と技術力を武器に世界中を渡り歩いた経歴と、電気自動車の未来について伺いました。

ハトがピカソとモネの絵を見分ける!?動物から学ぶ人間の心理:渡辺 茂氏【イグノーベル賞インタビュー Laugh and Think 第5回】

「人々を笑わせ考えさせてくれた業績」に贈られるイグノーベル賞(Awards makes people Laugh and then Think)。今回は、1995年に「ピカソとモネの絵を見分けるハトの研究」で心理学賞を受賞した慶應義塾大学文学部 名誉教授の渡辺 茂氏にお話を伺いました。

産業用ロボットが熟練技術の担い手に!?リンクウィズ 吹野氏【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.9】

産業用ロボットのシステム開発や技術コンサルティグを行うリンクウィズ株式会社代表取締役の吹野 豪氏。ソフトウェアエンジニアからキャリアをスタートし、経済産業省の「グローバル起業家等育成プログラム」で20人に選ばれてシリコンバレーに派遣されるなど…

食品業界に新たなマーケットを作れるか?「お雑煮やさん」の挑戦

地方創生の波に乗り、大手百貨店・コンビニチェーンなどに販路を拡大、各種メディアから取材が殺到する話題の食品メーカー株式会社お雑煮やさん。今回は、お雑煮やさんの粕谷 浩子社長に、お雑煮を商品化するまでの取り組みや今後の展望について伺いました!

九州・福岡から、日本のIoT業界をけん引!ブレイブリッジ 小橋氏【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.8】

製造業大好き女子が、ユニークかつ先端的な取り組みを行っているモノづくりの現場に直撃インタビュー。第8回は、元大手総合電機メーカーの技術者で、近年のハードウェアベンチャーの陰の立役者である株式会社ブレイブリッジ創業者 兼COO小橋 泰成氏にお話を…

イグノーベル賞インタビューLaugh and Think【第4回】犬語翻訳機「バウリンガル」、開発の経緯とは?:鈴木 松美氏

「人々を笑わせ考えさせてくれた業績」に贈られるイグノーベル賞。今回は、世界初の犬語翻訳機「バウリンガル」の開発により、人間と犬の平和に貢献したとして、2002年に「平和賞」を受賞された鈴木 松美氏にお話を伺いました。

ロボットは、孤独を癒せるか?オリィ研究所 吉藤氏【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.7】

第7回は、コミュニケーション・ロボットを開発、販売している株式会社オリィ研究所 CEOの吉藤 健太朗氏にお話を伺いました。Tech Noteで2回目のレポートとなる土谷 梓は、コミュニケーション・ロボットという聞きなれない言葉に興味津々です。個性的な吉藤氏…

イグノーベル賞インタビューLaugh and Think【第3回】おしゃべりな人を黙らせる!スピーチジャマーの発明:津田塾大・栗原氏

「人々を笑わせ考えさせてくれた業績」に贈られるイグノーベル賞(Awards makes people Laugh and then Think)。今回は、「人の迷惑を顧みずしゃべり続ける人の話を邪魔するスピーチジャマー」を開発し、2012年に音響賞を受賞した津田塾大学 学芸学部 情報…

新しいモノづくりの場「DMM.make AKIBA」、製造業エンジニアは、どう関わる?

DMM.make AKIBAでは、一体どのようなモノづくりができるのか? 今回は、DMM.make AKIBA エバンジェリストの岡島 康憲氏、同プロデューサーの境 理恵氏にお話を伺いました。施設内の写真とともにご紹介します。

イグノーベル賞インタビューLaugh and Think【第2回】タマネギを切ると涙が出るホントの理由―疑いのないところからの発見:ハウス食品グループ本社・今井氏

「人々を笑わせ考えさせてくれた業績」に贈られるイグノーベル賞。今回は、2002 年 にイギリスの科学雑誌ネイチャーに掲載された「タマネギの催涙因子生成酵素(Lachrymatory Factor Synthase:LFS)発見」の功績で、2013年に化学賞を受賞されたハウス食品グ…

シリコンバレー在住のアプリックス石黒氏に聞く!モノがインターネットにつながると、どうなる?【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.6】

製造業大好き女子が、ユニークかつ先端的な取り組みを行っているモノづくりの現場に直撃インタビュー。第6回は、各種ビーコンをはじめとするIoT(Internet of Things)関連のハードウェアやサービスを開発・提供する株式会社アプリックス CTO (最高技術責任…

自動運転が地図を変える!?金沢大学&インクリメントP・実証実験プロジェクト・インタビュー【第2回】

前回は、金沢大学の菅沼直樹准教授のお話を中心に伺いました。今回は、インクリメントPの新規事業について、大石淳也さんに、インクリメントPの自動運転に関する取り組みを聞きました。

過疎地域に貢献する「自動運転技術」とは?金沢大学&インクリメントP・実証実験プロジェクト・インタビュー【第1回】

5月に開催された京都スマートシティエキスポ2015で、自動運転のデモ走行が金沢大学・同志社大学・名古屋大学とインクリメントP株式会社の共同で行われました。日本では人口減少と高齢化が進行する中、安全・安心に移動できるモビリティ環境の構築が求められ…

イグノーベル賞インタビューLaugh and Think【第1回】バナナの皮の研究・北里大馬渕氏が考えるユーモアと独創的な発想の起源とは?

「人々を笑わせ考えさせてくれた業績」に贈られるイグノーベル賞。今回は、2014年に「バナナの皮の滑りやすさ」を証明し、物理学賞を受賞した北里大学教授・工学博士の馬渕清資氏にお話を伺いました。

国土交通省・自動車基準協定対策官に聞く! 自動運転の「これまで」と「これから」第3回 – 自動運転実用化に向けて、国交省が取り組んでいることとは?

前回までに、自動運転がなぜ注目され、人々にどのように受け止められているのかについて解説してきました。最終回は、国交省が具体的にどのようなことに取り組んでいるのか?について触れておきたいと思います。

国土交通省・自動車基準協定対策官に聞く! 自動運転の「これまで」と「これから」第2回 – 国交省は、自動運転をどのように考えているのか?

前回は、自動運転への関心が高まる背景と、国交省が今、現実に車の安全性をどのように高めようとしているのかを探りました。今回は、国交省が自動運転に対してどのような見方をしているのか?について解説します。

国土交通省・自動車基準協定対策官に聞く! 自動運転の「これまで」と「これから」第1回 – なぜ自動運転が関心を集めるようになったのか?

いま、自動車業界最大の関心事項といえば「自動運転」でしょう。みなさんは、自動運転についてどのようなイメージをお持ちですか?日本の行政は、自動運転についてどのように取り組もうとしているのでしょうか?

電動バイク「zecOO」【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.5】

第5回は完全オーダーメイドの本格的電動バイク「zecOO(ゼクウ)」を開発した znug design(ツナグ デザイン)の根津孝太氏、オートスタッフ末広の中村正樹氏にお話を伺いました。 Tech Noteで初レポートとなる内藤知香(はるか)は、バイクに乗るのも初めて…

ACCESS「フルミエル」【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.4】

第4回は今話題のゴルフスイングが見える「フルミエル」を開発した株式会社ACCESS様を訪問しました。 お話を伺ったのは、株式会社ACCESS営業本部コネクテッドセールス統括1部の山田淳一氏(写真左)と、コネクテッドセールス統括1部の笹子哲敏氏(写真右)の…

ニューロウェア プロジェクト様【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.3】

第3回は脳波で動く「necomimi(ネコミミ)」を開発したプロジェクトグループ、ニューロウェア プロジェクト様を訪問しました。お話を伺ったのは、ニューロウェア プロジェクトの加賀谷友典氏(新規事業開発プランナー)、なかのかな氏(株式会社電通 CDC コ…

お互いプロジェクト~日本のクラスターとタイとの連携で競争力を高め合う~

昨今のASEANの経済成長に加え、ASEAN経済共同体(AEC)の発足で、日本とASEANとの関わり方は大きく変化しています。それは企業レベルはもちろん、自治体においても同様です。今後のASEANとどう関わっていくか。そのアプローチの一つが、「お互いプロジェクト…

株式会社池戸熔接製作所様【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.2 】

第2回は各種熔接、各種板金加工などの機械設備製造を主力事業とされている株式会社池戸熔接製作所様にお伺いしました。 お話を伺ったのは、株式会社池戸熔接製作所 代表取締役社長の池戸孝治氏。インタビュー前に福田りえが大興奮の様子。その訳は…?

株式会社アローセブン様【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.1 】

第1回は無線応用機器システムの株式会社アローセブン様にお伺いしました。 お話を伺ったのは、株式会社アローセブン代表取締役の鈴木弘光氏。様々な形の端末を前に、インタビューがスタート!