ろう付け

ろう付けの方法とろう付け部の欠陥:ろう付けの基礎知識7

これまでの内容は、ろう付けの原理や技術的な基礎でした。今回は、いよいよ最終回。ろう付けの健全な継手を得るコツや、ろう付けの具体的な手順、そしてろう付けの将来的視野を科学的な視点で紹介します。

ろう付けの継手設計:ろう付けの基礎知識6

ろう付けは接合技術です。そのため、接合部形状(継手形状)が接合体全体の性質に強く影響を及ぼします。そこで、今回はろう付けの継手設計の基礎を解説します。

加熱源の種類:ろう付けの基礎知識5

今回は、ろう付け時の加熱源について解説します。トーチろう付けや工業炉、高周波、電気抵抗、レーザなど、加熱方法の違いやそれぞれの特徴、注意点を学びましょう。

フラックスと雰囲気の役割:ろう付けの基礎知識4

ろう付けでは、溶融ろう材の固相母材(金属材料)に対するぬれが重要です。一方、固相母材の表面には、ろう材のぬれを阻害する酸化皮膜などが存在しています。良好なろう付けを行うためには、この酸化皮膜を除去する必要があります。そこで今回は、母材の酸…

ろう付けと冶金:ろう付けの基礎知識3

ろう付けでは、母材とろう材の原子同士が、金属結合することによって強固な接合が生まれます。今回はこの仕組みを理解するための土台として、金属材料の特徴や構成、合金、また金属材料の中でも特に使用頻度の高いステンレス鋼について学んでいきましょう。

ろう材の種類とぬれ:ろう付けの基礎知識2

今回は、接合部の品質を左右する溶融ろう材と母材間の現象・ぬれと、ぬれを算出できるヤングの式、ろう材の種類・形態などを解説します。ぬれの原理、各ろう材の特徴、母材との相性を学び、堅牢なろう付けを確実に行えるようになりましょう。

ろう付けとは:ろう付けの基礎知識1

ろう付けとは、母材を傷つけることなく接合できる冶金技術です。その一方で、精度の高い接合を行うためには、ろう材、フラックス、加熱源の選択など、専門的な知識を要します。本連載では7回にわたり、ろう付けの基礎知識を解説します。